歯科保険

健康保険は通常、健康な歯が事故で損傷を受けた場合の治療や、病気が原因で傷害を起こした顎の手術などはカバーしますが、歯科保険の適用分野である、虫歯治療や歯の定期検査、クリーニングは適用外ですので、別途に歯科保険に加入する必要があります:

歯科保険は、下記のような医療サービスをカバーする保険です:

  • 虫歯治療 (ルートカナル、フィリング、クラウン、抜歯、その他)
  • 年に1回か2回の定期健診
  • 年に1回か2回の歯のクリーニング
  • 入れ歯、ブリッジ
  • 歯列矯正は、適用になるプランとならないプランがあります。子供の歯列矯正だけしかカバーしないプランもあります
  • インプラントに適用できる歯科保険はまだ少ないですが、コスメティックでないインプラントなら、カバーするプランも徐々に増えてきています

歯科保険にも、PPOとHMO、そしてPOSがあります。PPOは、ネットワークに加盟している歯科医なら、どこの歯科でも保険が使えますが、HMOは、HMOの加盟の歯科医を一人選ばなければならず、その歯科医でだけ、保険が使えます。歯列矯正などの専門医にかかる場合も、その歯科医から紹介を受けた矯正専門医にかからなければなりません。

歯科保険は、加入に際しての審査はありませんので、すぐに加入できますが、Waiting Period(免責期間)があるのが普通ですので、虫歯にかかって痛みだしてから歯科保険に加入しても、すぐには保険を使えないのが普通です。定期健診やクリーニングには免責期間はないのが普通ですが、簡単な虫歯治療には6ヶ月間とか、大きな虫歯治療には12ヶ月というようなプランが普通ですので、歯科保険を選ぶときには、免責期間についてよく調べて、プランの比較をしましょう。

Deductible(免責金額)も、プランによってさまざまです。一般的に、個人用歯科保険の年間Deductibleは、一人$50~$100です。

歯科保険には保障金額の上限があります。保険会社やプランによりますが、歯科保険の上限は、通常、個人用の歯科保険で年$1,000から$2,000、団体用で$1,000から$3,000です。クリーニングと定期健診のみに使える歯科保険で、上限が$500程度のプランもあります。保険契約の形態にもよりますが、保険上限が少なくても、歯科保険に加入していることにより、治療費が割引きになる(保険会社と歯科医が契約している金額になる)ことにより、無保険の場合よりも、自己負担は減るのが普通です。

歯科保険に関するその他のご相談は、連絡フォームを使ってご連絡ください。

弊社では、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン州居住者用の歯科保険を取り扱っております。下記から、オンラインで、個人用歯科保険の保険料の見積りができますので、ご利用ください:

カリフォルニア州の歯科保険見積り
オレゴン州の歯科保険見積り
ワシントン州の歯科保険見積り